自動車のコーティングで輝くボディを自慢❘世界に1台だけのマイカー

積雪地帯でも運転可能

タイヤ

楽な交通手段として、自家用車を所有している人は多くいるでしょう。夏場などで特殊なタイヤの必要性はありませんが、冬場になると激しい雪が降る豪雪地帯ではスタッドレスタイヤが欠かせません。その理由は、積雪された道や凍結し、滑る恐れのある道でも走ることができるからです。そのメリットは非常に大きなもので、日本では北海道など北に位置する地域で重宝されています。雪道を走ることを可能にする方法には、スタッドレスタイヤの他にタイヤチェーンがあります。タイヤにチェーンを巻くだけのシンプルな方法になりますが、安定した乗り心地で雪道でも走ることができるでしょう。

より安全性が高いということで、スタッドレスタイヤを選ぶ人は多いものですが、スタッドレスタイヤはタイヤチェーンと比較して効果だという特徴があります。その価格は、車体全てに取り付ける分で4本集めると、ホイールと合わせて10~15万円掛かるとされています。また、年中使用するものではないので、夏場にはそれを保管するスペースを要します。スタッドレスタイヤを車内に詰め込んだままにすることも可能ですが、積載重量が重くなるとガソリンの消費が激しくなる為、推奨された保管方法ではありません。スタッドレスタイヤを必要とする地域では、ガレージや倉庫を構えてそれら一帯の道具を備えるスペースをあらかじめ確保しておきましょう。通常のタイヤからスタッドレスタイヤへ取り替える際に技術を要するので、車専門店へ足を運び、スタッフに代行してもらいましょう。その際には数千円の工賃が掛かります。